予防接種 スケジュール

予防接種

予防接種は制度上大きく分けると、定期接種任意接種の2種類があります
定期接種(推奨接種)は国や自治体が「受けるように努めなければならない」としているもので、基本は無料です。 任意接種は希望する人が費用を自己負担して受ける予防接種です
年や地域によって規定が変わり、きょうだいでも接種時期や回数が変わる事があるようです
ここ数年で受けられる予防接種の種類が増えているので、最新情報を確認しましょう!

胎内でお母さんからもらった病気に対する抵抗力(免疫)
赤ちゃんが成長するに従って失われていきます
そのため、赤ちゃんは自分自身で免疫をつくって病気を予防していかなければなりません
それを助けてくれるのが予防接種です
予防接種の対象となる病気には、赤ちゃんがかかると重症になったり
重い後遺症が残ったり、死に至るものもあるようで
かかってしまうと大変危険です
予防接種のことをしっかり理解して、きちんと受けるようにしましょう!

スケジュールづくり

予防接種のスケジュールを立てる場合、優先しなければならないのは
かかると重症化する病気です
とくに、かかると重症になりやすい
百日ぜき(DPT)、Hib(ヒブ)、小児用肺炎球菌や麻疹(MR)
日時が決まっている集団接種を優先して予定を組みましょう
期間が短い予防接種は注意してくださいね
次に、季節性や周囲ではやっているものはないか
ロタウイルス、おたふくかぜ、水疱瘡、インフルエンザなど任意接種も
スケジュールに組み入れましょう

ワクチンの種類も忘れずに確認
生ワクチンは、別の種類の接種まで中27日以上あける必要があります
不活化ワクチンは複数回接種しますが、中6日以上あければ間に
別の種類のワクチン接種を入れることも可能です

スケジュールを立てるポイント

①接種回数の多いHib、DTP-IPV(ジフテリア・百日ぜき・破傷風・ポリオ4種混合ワクチン)、小児用肺炎球菌を先行
0歳代は、接種回数の多いHibや小児用肺炎球菌、DPT-IPVを優先。
1歳代ではMRを最優先に。
そのほかは、周囲の感染症の流行状況などを考慮して医師と相談しましょう

②日時が決められている集団接種を考慮する
集団接種は一度逃すと次の接種まで受けられないことが・・
特に期間が短い予防接種は、先に予定を入れておきましょう
私の住んでいる地域では集団接種はありませんでした

③季節性あるものは流行状況を考えて
冬に流行するインフルエンザは、10月~11月中に2回接種するのが理想です
蚊が媒介する日本脳炎は1年中受けられますが、出来れば夏前に!

④各ワクチンの接種間隔に注意
生ワクチンは別の種類の接種まで中27日以上、不活化ワクチンとトキソノイドは
中6日以上空けなくてはなりません
複数回受けるワクチンは、次の接種まで期間が決まっているので注意しましょう

⑤同時接種できるワクチンも
DPT-IPV、Hib、小児用肺炎球菌、B型肝炎、ロタウイルスの接種時期が重なる
ワクチンは同時に接種することもできます
どれを同時に接種するかなど詳しい事は医師と相談しましょう

⑥複数回接種するものは間隔が空いても受け直しはしません
複数回接種するDTP-IPVや日本脳炎は、次の接種まで間隔が多少ずれても
1回目から受け直す必要はありません
ただし、標準的な接種間隔はできるだけ守って受けましょう

d391147032acbf0ed1df1c9f6a911d72_s

ブログランキング

参考になったジャンルがありましたら、是非ポチをお願いします(>_<)/

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です