2歳2カ月 イヤイヤ期

魔の2歳児

1歳後半から娘の第一次反抗期【イヤイヤ期】は始まった
子供の順調な発達のしるしとはいいますが
私が子育ての難しさを感じた時期です

この時期は「自分はこうしたい」っという自我が芽生えても
言語能力が未熟でその思いをうまく伝えることができずに
言葉にできない自分の気持ちをぶつけるのです
親を困らせたくて反抗しているわけではありません
信頼している親だからこそ、自分の気持ちをぶつけるのです

娘(2歳2カ月の頃)のケース

娘が機嫌が悪い時は
「抱っこ!抱っこ!」「ごはんイヤ!」「手洗いイヤ!」
「椅子(座るの)イヤ!」「エプロンイヤ!」

「顔洗いイヤ!」「着替えイヤ!」「父ちゃんイヤ!」っと
(父ちゃんは目があっただけで「イヤ!」だったのでもっとかわいそうですよね)
ま~次から次からイヤな事がでてきます
時には一日中抱っこする日もありました(××;)

この日は朝から機嫌が悪くて、「テーブルいや!」っと言いだし
仕方なくソファと小さい机で朝食になりました
食後も「着替えいや!」っと逃げ回る娘でした(涙)

DSC_1071
専業主婦の私は時間には余裕があるのですが
こうも「いや!いや!」っと言われるとついつい怒ってしまいます・・
これがいけないのでしょうね ・・娘はぎゃん泣き
夜、娘の寝顔を見ながら「怒りすぎたね、ごめんね」っと反省する日々でした

○イライラが消える方法は解釈の仕方を変えていくのがポイント

子供がイヤイヤと反抗するとき、
「こんなこともあるわ」「魔の2歳はこんなもんよ」「私なら、何とか対処できるはず」と、でんと構えた捉え方ができると、
イライラせずに、冷静に向き合えたり、別の作戦で子供の反抗心をそらせる
ようになっていくのです

魔の2歳児へのイライラが消えてくる!「心のABCモデル」って?

イヤイヤ期の絵本

こんな感じで何もかもイヤって言ってる
イヤイヤ期の時に『いやだいやだ』という本を買ってみました
ルルちゃんという女の子が「いやだ、いやだ」と言ってると
お母さんも、おやつも「いやだ」って言っちゃうよ
そしたどうする?っていう絵本です
初めて『いやだいやだ』を読んだ後は少し自分なりに考えてるようでした
何度も「読んで」っと持ってきます
2歳後半になると一人でページをめくって
読んで?(ながめて?)ました

ブログランキング

参考になったジャンルがありましたら、是非ポチをお願いします(>_<)/

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です